2007年03月

2007年03月29日

ブログのトラックバックについて

ブログを使っておられる方は、トラックバックを活用されている方も多いと思います。

ご存知の通り、ブログでは被リンクを自分の意思で設定できるので、HTMLの相互リンクのようなやりとりをしないで済むのが魅力です。

ただ、トラックバックは、あくまで、リンクをあげて、そしてリンクをもらうのが基本だと思います。

技術上、トラックバックの連射をしたり(笑)ひたすらもらい続けることはできますが、まあ暗黙のブラックリストにのるよりは、気持ちよくリンクをあげたいものです。

逆に言うと、そうした、相互リンクになっている限りは、同じ業界ならば、積極的にトラックバックはしたらいいと思います。

私も、同業からのトラックバックは、相互であれば削除することはないですね。

アダルト系とか、エンターテインメントの販促系は勘弁してほしいですが。。。

トラックバックの良い点は、足し算な点でしょうか。トラックバックを作ると、そしてもらったリンクは消えないですからね。

なので、確実にリンクを積み上げて、SEOのポイントをあげてくれます。

地道な作業ですが、じっくりと楽しんでやりたいですね。

では、今日はこの辺で。

コマースジャングル代表
礒 一明





2007年03月27日

仕事は、かけ算 鮒谷周史さん

なんでもっと早く紹介しなかったのだろう、と悔やんでいる
本があります。それが、ご存知平成進化論発行者、鮒谷周史さんの、
「仕事は、かけ算。」

鮒谷さんは、私がコマースジャングルとして最初に日本に帰ったときに
会食をさせて頂いて以来のお付き合いで、一本筋の通った「20倍速」の
ビジネスマンです。

私が最初に日本で会ったときから比べても、更に何倍にビジネスを
伸ばされ、スケジュールも過密を極めているはずなのですが、
それでも、メールひとつ、お会いしたときの一言には、忙しさよりも
誠実さを感じる、そんな人です。

この本、実は私の知り合いで、気に入って風呂に入ってまで読んで
(というか、風呂に入るたびに読んで)ボロボロになるまで読みこなした、
という人がいます。

それほど、感じ入るところがあったようです。

それはたぶん、この本には、鮒谷さんが、短期間で大成功を収める
基本姿勢が、隈なくのべられているからだと思います。

ところで、この、かけ算という発想が、私も大好きです。

ウェブサイトで言えば、成約率なんかは、かけ算になります。
つまり、今、成約率が1%あがると、そこに1年12ヶ月をかけると、、、
とんでもない数になります。

そして、そうやって成約率をあげるノウハウを、次のビジネスに
応用していくと、、、

その応用できる自分X12ヶ月と考えると、一年後にはすごいことに
なります。

こうした、かけ算のレバレッジをフルに活かすエッセンスが、
この本には詰まっています。

流行の本としてではなく、ビジネスの座右の書として
一冊いかがでしょうか?

[仕事は、かけ算。」

それでは、今日はこの辺で。

ブログのご購読にはこちらをクリック願います。


Add to google


ブログランキングはこちら


コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発





2007年03月24日

mixi (ミクシイ)の読み逃げ

mixi で、読み逃げが論議を起こしている、という記事を読みました。
読み逃げとは、マイミクをしている人が日記を読みながら、コメントは残さないで去ることを指すそうです。

使っている方はご存知でしょうが、mixi では、他の方を訪れると、その足跡が残るので、相手に訪問をした形跡が残ります。

そこで、足跡が残っていて、日記を読んだはずなのに、コメントをしないのは許せない、と不快に思う人がいるそうです。

ま、どうやら大多数ではないようですが。

これに関して、私の個人的意見を書いてみますね。あくまで、個人の感想です。

海外に住んで感じるのは、アメリカ人と比べて、日本人のきめ細やかさと気配りです。

え、そこまで、という気配りが、世界に誇れる美徳であると感じることもよくあります。

もちろん、これは日本人以外にも、アジア人全般の美徳かも知れません。

ただ、その美徳が、時に期待を作ることもあるようです。
つまり、周りが皆、格別な気配りをすると、それが当たり前になって、気配りを期待することがあります。

期待までなら良いのですが、今度は、誰かが気配りに欠けると、それを非難する場合も出てきます。

気配りに欠けると、と書きましたが、そもそも、世界レベルでは、平均以上の気配りをしている日本人ですので、欠けている、というのは適切ではないかも知れません。

150%の気配りではなかったが、普通に考えたら90%くらいに気配りはできているかも知れません。

さて、mixi の話に戻りますと、これも、似たケースかな、というのが私の第一印象です。

日記を読む度に、コメントを残すのはナイスなことだと思います。

しかし、それが高じて、コメントを残さないことが、失礼、と非難することになると、これは行きすぎかも知れません。

そうした、減点法、過度の期待のコミュニティーは、今度はそれが為に利用者の足が遠のいたりします。

7−8年前でしょうか、私が株取引の有料会員でいたことがあります。そこで、掲示板で、似たような足の引っ張り合いが始まりました。

すると、そこでのオピニオンリーダーが、つまらない揚げ足取りが始まってしばらくして、すっかり書き込みがなくなりました。

私は、その人の書き込みも、会員でいる大きな理由だったので、結果退会しました。

mixi でも、そうして利用を控える人が一部でてきたとのことです。

まあ、ここは、楽しくネットを利用したいものですね。こういう仕組みがあって、便利な世の中だと思いますよ。

あまり堅苦しいルールと期待でがんじがらめにするより、来たらウェルカム、また戻ってきたらウェルカムバック、というのが良いんじゃないかと思います。

では、今日はちょっと長いブログでした。

ブログのご購読にはこちらをクリック願います。


Add to google


ブログランキングはこちら


コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発




2007年03月22日

アメリカの人事


アメリカの人事で、一つ大きな特徴をあげるとすると、人事部の機能が、日本より弱い点でしょうか。

弱い、というと誤解があるかも知れませんが、日本より、例えば部門長が決めたことに、異論を挟む習慣がありません。

場合によっては、部門のトップが決めた異動、時には解雇を、法的に大丈夫なように事務手続きをするだけの時もあります。

その背景に、部門長の持つ、絶対的な人事権があります。

ドナルド・トランプの、

"You are fired!"

はアメリカで有名な一言ですが、日常はここまでではないものの、やはり、解雇ができる幅が、日本よりずっと広い国です。

その中で、特にアメリカの特徴と言えるのが、Strong #2の解雇でしょう。

Strong #2とは、つまり、できる右腕のことです。
自分の右腕となる人が、できる人にこしたことないですよね?一般には、そう考えられます。

が、アメリカでは、この敏腕のナンバー2を解雇することは、実に頻繁に見かけます。私が実際に見ただけでも数件あり、友人に聞いた話も含めると凄い数になります。

例えば、、、

あるVP(Vice President)の下で、Directorが活躍していました。このDirectorは女性で、産休をとりました。さて、産休から戻った彼女のWelcome Back Partyで、VPは皆に、なんと、このDirectorへのお別れの言葉を言い始めます。

この女性はすかさず、

"I'm not leaving yet!"
「まだ会社を去ると決めたわけじゃないわよ」

といいますが、VPは特に訂正もせず、同じ調子で話を進めます。会場には、なんともいえない沈黙が。。。

そのVPが、以前にもDirectorを部分的に外すことはあったので、ベストフレンドではないのは承知ですが、本人の進退に関することを、本人の意図にお構いなく部で発表するのは、正直人間性を疑いました。

しかし、結局トップに好かれていないのを、ここまであからさまにされた彼女は、それが理由かは知りませんが、会社を去ることになりました。

ちなみに、ですが、そのVPは、その数年後に、会社から退職を勧められる立場になります。

因果応報に、例外はありません。


ただ、その後、これくらいで驚いてはいけないことを思い知らされます。

この、右腕解雇の背景は、自分がいなくては部門が回らない、という体制を磐石にするのがあります。

このVPがいなくても部はまわる、という評判を、アメリカ人は何より嫌います。

まあ、そういう評判が、本当に解雇に結びつくこともあるので、本人も必死だとは思います。

なので、右腕には、全ての仕事に関わらせないで、わざと全く関わらない分野を意図的に作ったりします。

そうすることで、何かの時に、人事や上司に、

「彼(彼女)は○○の分野は経験がないから」

と言うのです。戦国時代の、武士の策略みたいですね。


アメリカの会社は、良くも悪くも、こうしたポリティックスが非常に強いので、ナイーブに過ごしていると、とんでもないことになります。

ということで、今日はアメリカの会社のお話でした。

ブログのご購読にはこちらをクリック願います。


Add to google


ブログランキングはこちら


コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発










2007年03月15日

メイクアップが上手くなりたい人へ

メイクアップのプロ、福田麻実さんが、本を出されました。
福田さんには、いつも司会をやって頂いていて、セミナーに花を添えて頂いています。
(本当に花をもってきてくださるので、文字通り花と華、です。)

さすがに私はメークをしないので(笑)この本を嫁さんに手渡したところ、食い入るように読んでいます。

嫁さんいわく、いままでメークは我流でやっていたので、とってもとっても参考になる、とのことです。

ご興味ある方はこちらをどうぞ。

「ひよっこメイク」


ちなみに、福田さんのサイトはこちらです。本格的なコースもあるようなので、気になる人はチェックしてみてください。


ひよっこメイクドットコム


私もいつか申し込もうと思っています(笑)

ちなみに、福田さんは、サイトで見るとおり綺麗な方ですが、福田さんとの縁は、彼女の文章力、と言っても過言ではありません。

事業者の心をくすぐる、誠実さと正直さのつまったメールを下さります。縁を引き寄せる文章力、ですね。

と、いうことで、本日はコマースジャングルメーク講座でした。

ブログのご購読にはこちらをクリック願います。




Add to google


ブログランキングはこちら



コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発




2007年03月08日

集客の極意と集客の間違い


集客の極意は、それは、長きに買ってくれる上客の確率の高い池で、糸を垂れることだと思います。

初めて集客をする人が、よく犯す過ちが、1日何人訪問、というノルマみたいなのを作って、それが下がると集客力が落ちた、と考えることでしょうか。無料集客ならいくらでもいいですが、有料は、シビアにコストパフォーマンスをみないと、利益になりません。

どのビジネスでも、常連ができたら、次の一手を打ちやすくなります。その常連と、話してみるだけで、常連像ができてきて、どこで、どう探すとそういう人にたどり着くのか、見当がつきやすくなります。

では、今日は短いですがこの辺で。






Add to google


人気ブログランキング↓




コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発

2007年03月06日

DRM デジタルライツマネジメント



DRM、つまり、Digital Rights Managementに関して、アップル社のCEO,スティーブ・ジョブズ氏の発言に、音楽協会が異論を唱えているとの記事を読みました。

DRM=Digital Rights Managementとは、デジタル音楽の著作権管理のことです。

ソニーが、ウォークマンを作る技術がありながら、iTune, iPodでアップルに先を越されたのは、技術の問題ではなく、Sony Musicをグループ企業に抱えているため、音楽をダウンロードすることへの音楽業界からの懸念で身動きがとり辛かったから、といわれています。

実際、私がE-Commerceの部門から、こうした音楽、映画関係者との調整ミーティングに出ると、たった一つの小さなことも、それぞれの利益を調整するために何時間も話して結論が出ず、ということがよくありました。

それはさておき、上記のお話ですが、簡単に言えば、現在、iTune Storeでダウンロードした音楽は、iPodでしか再生できない事への批判が高まっているのに対し、スティーブ・ジョブズ氏は、音楽協会(国際レコード産業連盟)のせいにしました。

そこで、協会側が、いや、うちは大丈夫だ、これはスティーブの意向だ、と反論してもめている、とのことです。

真相は本人のみぞ知る、ですが、歴史を知っている方は、90年代、アップルコンピューターがウィンドウズに大負けして、スティーブ・ジョブズ氏がアップル社を追われることになったのは、マッキントッシュのOSをアップル社のPCでしか使えないようにした、クローズド・ポリシーによると言われています。

なので、スティーブ・ジョブズ氏が、協会のせいにしながらも、iPodの優位性を保つため、他社プレーヤーにできない機能を残したがったとしても、不思議ではありません。ま、個人的な推測でしかありませんが。

ということで、今日は久しぶりに業界のお話をとりあげてみました。

今日はこの辺で。





Add to google


人気ブログランキング↓




コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発

2007年03月03日

情報商材の作り方



情報商材をつくるのに、簡単な方法はないか、とたまに聞かれます。
先日行った、情報ビジネスカンファレンスでは、こんな質問が事前に届きました。

「儲かる情報商材を、早く簡単にちゃちゃっと作る方法はないですか?」

こういうのを、麻雀用語で「りゃんしば」と言います。
一言で言うと、望みに制約が多いと、かないにくくなるんですよね。

売れる情報商材、と作るだけで、大変な労力を要します。
100%売れる商材、というのは存在しないので、そうなるべく、皆必死で努力します。

もちろん、ポイントを抑えた努力というのはあって、そうしたノウハウ習得も含めて努力をします。

ですので、質問が、

「いくらでも努力するので、売れる商材を作る方法を教えてもらえますか?」

となると、より売れる商材実現の可能性は高くなります。

それが、

「早く」
「簡単に」
「ちゃちゃっと」

となると、なかなか心構えから厳しいものがあると思ったりします。

今日は心構え論でした。

でも、心構えが、大きな結果の差を生みますからね。重要です。

では、今日はこの辺で。





Add to google


人気ブログランキング↓




コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発

2007年03月01日

メンタルセラピー


メンタルセラピーを受けました。と言っても、精神病治療ではありませんよ。
メンタルセラピーは、生年月日、生まれた時間、生まれた場所から、自分の人生のサイクルをはじき出してくれる手法です。

とは言っても、私も、クライアントのサイト制作を通して、漠然とした印象が、もっと具体的な理解になりました。

そして、私のバイオリズムもはじき出してもらいました。それを、過去と照らし合わせてみると、結構あたっていましたね。特に、スランプの年なんか、ぴったり。

このメンタルセラピーをして頂いたのが、岩間竜司さん。
彼は、石田塾の塾生でもあったようで、先日2月2日の情報ビジネスカンファレンスで、私が岩間さんのサイトを例にビフォー・アフターをやったところ、石田さんも塾生の顔が突然出てきたのでびっくりした、とおっしゃっていました。

この岩間さんが本を出されたようです。

「わが子が億万長者になれる子育て法」

実は、岩間さんのお子さんは、プロゴルファーを目指して活躍中で、ジュニア部門でかなり知られた存在とのこと。

その岩間さんの子育てノウハウを読みたい方は、上記からどうぞ。

また、ご自身のことが気になる方、岩間さんのセラピーはこちらで受けられます。

www.iwama-therapy.com

私もサイトでコメントで登場させてもらいましたが、素直に、あたっているなと思いました。なんか、こういうバイオリズムが存在するのを、否定しようがなくなる感じです。

それでは、今日はこの辺で。





Add to google


人気ブログランキング↓




コマースジャングル代表
礒 一明

情報商材はアメリカ発




無料メルマガ 人生最適化のヒント
■メールアドレス
プロフィール
礒 一明(いそ かずあき)

人生最適化コンサルタント。米国法人コマースジャングル代表。1995年よりアメリカ在住。

横浜生まれ、上智大学外国語学部英語学科卒業。大学を卒業後、ソニーへ入社。95年よりアメリカへ。そこでインターネットの魅力にはまり、社内起業でE-Commerceに創業者メンバーとして参画。事業戦略ディレクター、及び販売ディレクターとして、当時売れないと言われていたAV機器の売り上げを半年で7倍に。

帰任通知を機にアメリカにて独立、2005年より日本でコンサルティング活動を開始。

神秘体験がきっかけで、ビジネスコンサルタントから、人生、生き方をテーマにした人生最適化人生最適化コンサルタントに転身。年に数回帰国して行う、人生最適化ワークショップは毎回満席。

初めまして、コマースジャングル代表、人生最適化コンサルタントの礒 一明です。私のブログをご訪問下さりありがとうございます。

このブログでは、毎週発行のメルマガに加えて、人生最適化のヒント、のテーマで、ひらめきに任せて気ままに更新して行きたいと思います。
QRコード
QRコード
ブログの購読

Add to google